端子の設計・製造・販売、基板接続のことならアイクレックスへ ENGLISH お電話でのお問い合わせは 04-2900-1911 受付時間 月~金 9:00~17:30

プリフォーム連続端子挿入システムについて

プリフォーム連続端子挿入システムについての紹介です。

プリフォーム連続端子挿入システムの概要

プリント基板に使用される基板端子やボビンなどに使用されるモールド成形品端子といった接続端子には、使用用途に応じた機能性、電気的特性、経済性の三要素が求められます。
それらの要素を満足させるには、端子と自動挿入機の双方に優れた設計力が不可欠で、両者が高いレベルで一体になって初めて顧客のニーズに応えられるシステムとなります。
アイクレックスは、端子技術と挿入技術で構築するシステムで常に1歩リードしています。
プリント基板へ基板端子をダイレクト挿入、ボビンなどの成形品に端子をダイレクト挿入する弊社の連続端子と連続端子挿入システムを紹介致します。

プリフォーム連続端子挿入システムの特徴

NC制御による位置決めと高速挿入

  • 挿入パターンに応じた挿入治具交換は不要です。
  • NCのチャンネル操作で挿入プログラムの変更ができます。
  • 1時間に約6,000~14,000本という高速位置決め挿入性能を誇ります。

高信頼性のプリフォーム連続端子挿入

端子整列、エスケープ時に不具合が発生しやすいパーツフィーダによるバラ端子挿入方式に対し、プリフォーム連続端子から1本ずつ切り離して挿入するため高い挿入確率が得られます。

ユニットの着脱交換ができるアプリケータ方式

形状の異なる端子に対して迅速に対応できます。


連続端子挿入機の写真1 連続端子挿入機の写真2

プリフォーム連続端子挿入システムの用途

  • 子基板を親基板に接続する端子として
    • 子基板を親基板に接続するための電気的・機構的な端子としてご使用いただけます。
  • コネクターに接続する端子として
    • メスのコネクターに接続する端子としてご使用いただけます。
  • 基板を重ねるときの端子として
    • 基板を2階立て、3階立てにするときの電気的・機構的な接続端子としてご使用いただけます。
プリフォーム連続端子挿入システムの用途のイメージ