端子の設計・製造・販売、基板接続のことならアイクレックスへ ENGLISH お電話でのお問い合わせは 04-2900-1911 受付時間 月~金 9:00~17:30

アプリケーターと圧着範囲について

圧着システムに使用されるアプリケーターと圧着範囲の説明です。

アプリケーターと圧着範囲の関係

アプリケーターについて

アプリケーターとは、圧着機に取り付けるツールのことです。リボン端子をカット・フォーミングし最終的に圧着端子にする役割を持っています。
アプリケーターによって、できる圧着端子の大きさが変わります。
圧着で接続したいワークの大きさによって、アプリケーターの種類が決まります。
ワークの大きさは、圧着で接続したいワークの合計断面積もしくは、単線同士の場合は、径のことを意味します。

  • アプリケーターの工程1
  • アプリケーターの工程2端子送り
  • アプリケーターの工程3カット
  • アプリケーターの工程4フォーミング
  • アプリケーターの工程5圧着
  • アプリケーターの工程6

プリケーターと圧着範囲

型番 合計断面積 ㎟ 単線径 ㎜
100 0.02~0.08 0.10×2本~0.22×2本
125 0.06~0.26 0.20×2本~0.41×2本
150 0.20~0.40 0.36×2本~0.50×2本
175 0.25~0.48 0.40×2本~0.55×2本
225 0.46~1.00 0.54×2本~0.80×2本
255 0.90~1.60 0.75×2本~1.00×2本
295 1.40~2.30 0.95×2本~1.20×2本
360 2.10~3.10 1.15×2本~1.40×2本

上記数値は、使用する端子の厚みなどで変化いたしますので、参考値として下さい。
サンプル製作やテストを行ったあと、アプリケーターの型番を決定いたします。